ピロリ菌の検査は血液検査でもできるのか?!

ピロリ菌って聞くと、

 

年配の人が感染してるっていうイメージで、

井戸水とかから感染ってことをよく聞きますが、

 

僕ら若者(20代は若者ってことで笑)でも感染してる可能性はあります。

感染経路はいろいろありますが、食べ物の口移しが一番の原因っぽいです。

 

ここでは、

ピロリ菌って血液検査で確認できるのか?

ってことを書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 血液検査でもピロリ菌は確認できる

 

なんで、血液検査でピロリ菌を検査できるのか?

僕らにはピロリ菌に感染しても、

それに対抗する抗体ってものがあって、

これが、ピロリ菌を成敗してくれるんです。

 

その抗体の数を調べる事で、ピロリ菌に感染してるかどうかを

判断するんです。

 

だから、血液検査でもピロリ菌の有無を検査する事ができるんです。

 

 

ふーん、、、って感じですか?笑

 

まぁ、血液検査でもピロリ菌の検査ができるってことだけ

今日は覚えて帰って下さい。

 

放っておくと胃がんになる菌なので、

今のうちから、検査しておいて損は無いと思います。

早いにこした事無いですしね。

 

十二指腸潰瘍や胃炎を繰り返したりする人は

要注意なので、是非一度、試してみて下さい。

 

 

信頼性はあるのか?

 

ピロリ菌といえば、

呼気検査ってのをよく聞きますが、

そして、呼気検査が一番信頼性がある、

と、言われてますが、

 

血液検査でも相当の信頼性はあります。

100%ではありませんが、

確率的に言うと、90%以上の確立で判断できます。

 

なので、信頼性はありまぁす。

(某理研研究職員のモノマネ笑)

 

 

不安だな、、ってか方は、

他にも尿検査とかもあるので、余裕のある人は

全て試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

今回はこの辺で。

またー!

関連記事

  1. 考える人
  2. 減量失敗
  3. 目 痛い
  4. kiz16m

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。