わらび餅の京都で有名なお店に行ってみた!

 

わらび餅っていったら、和菓子ですよね。

和菓子と言ったら、京都でしょ!

 

ってことで、京都の有名なわらび餅屋さんに行ってきました。

 

そのお店の名前は茶洛(さらく)さん。

 

 

テレビでも取り上げられるほど人気で、

 

行列なんて当たり前、

売り切れたらそこで閉店、

予約はできない、

 

と聞いてたので、

 

前日から、「明日は早起きして、行くぞ!」

と、気合いを入れてたんですが、

 

翌日起きたら、開店開始の11時

24分もまわった11:24でした。笑

 

でも、まだ可能性はあるかも、ってことで

とりあえず行ってみました。

目次
1.行列はできてたのか?
2.味の種類はいくつあるの?
3.見逃しちゃいけない注意点!!!
4.ウソ?お土産には向いてない?!
5.まとめ

スポンサードリンク

 

行列はできてたのか???

 

千本今出川から10分くらい東に歩いていくと、

(千本今出川と堀川今出川の間に)

お店があります。

IMG_0210 (1)

 

 

お店の前につくと、12:30・・・。

行列は・・・・・無い。

 

「あぁ、、、終わった(涙)」

と、思って店に入って、

 

僕:あのぉ・・・わらび餅ってありますか?

 

お店の人:ありますよ。

 

僕:え?(軽っ!)

  あるんですか?じゃあ下さい。

 

って感じで購入する事ができました。(わーい!笑)

 

DSCN1055

 

 

お店の中でもわらび餅を食べる事のできるスペースがあるので、

できたてをその場で食べたい、という方にはお勧めです。

 

お店は外からは見えないので、

誰かの視線を感じるという事はありませんし、

他にも、あんみつところてんも楽しむ事ができます。

 

 

今回は平日(月曜日)に行ったんですが、

日によっては行列に並んでも買えない日もあるみたいで、

ほんとに運が良かったな、と。(笑)

(上の動画で「走ってきたのに間に合わなかった人」は

わざとらしい演出でしたけどね。笑)

 

 

味の種類はいくつあるの?

わらび餅のセット内容ですが、

 

抹茶+ニッキ(1100円)

抹茶+ショウガ(1100円)

抹茶+ニッキ+ショウガ(1600円)

 

です。

 

DSCN1058

(右から抹茶、ニッキ、ショウガです。)

 

これじゃ、どのくらいの大きさかわからないよ!

って方もいらっしゃると思うので、

こちら↓

DSCN1059

(右がiPhone6、左がコンビニとかに売ってるガムです。)

 

 

 

味覚には個人差がありますので、

おいしいとか、おいしくないとかは言いませんが、

少しだけ感想を書いていきます。

 

でも、口に入れた感触は、自然ととろけていき、

きな粉の甘さの後にフワッとニッキやショウガが香ってきます。

 

抹茶には抹茶きな粉が入ってるので、

抹茶大好きな人には超オススメです。

また、京都観光のお土産としても、最適なんじゃないかなと思います。

 

 

見逃しちゃいけない注意点!!!

 

僕・・・やっちゃいました。

 

DSCN1063

 

赤字の部分(箱の裏に竹のフォークときな粉が入ってます)

を読まずに、

「竹のくしって入ってないのか(ホントは入ってます)」

と、思いながら、きな粉をつけるという事自体も忘れて、

何の疑問も抱かずに、何も付けずに

途中まで鉄のフォークで食べてしまいました。

 

途中で気付き、半分くらいになったわらび餅にきな粉投入。笑

 

DSCN1064

(このきな粉の掛け方も実は間違ってるんですけどね・・・笑)

 

 

早く楽しみたいって事が先走り、

説明書きを読まずに食べ始めてしまう傾向がある人は

十分注意しましょう!笑

 

きな粉や竹のフォークはここ↓にあります。

DSCN1060

 

箱を広げると、出てくるんですね。笑

(僕、こういう箱は、

最初の状態を保ちたい派なので、

気付かなかったんですよね笑)

 

 

ウソ?お土産には向いてない?!

 

この茶洛さんのわらび餅なんですが、

正直、あなたがどこに住んでいて、

お土産を渡す人に会う日によります。

 

例えば関西に住んでいて、当日か、もしくは次の日には会う、

っていうなら、お土産として最適だと思います。

 

なぜ???って思われるかもしれませんが、

やっぱり新鮮なものなので、賞味期限が短いんですよね。

 

じゃあ、遠くから京都に観光した人は

お土産として持って帰れないの?

ってことですが・・・不可能ではないですが、

避けた方がいいかもしれません。

相手にお腹でも壊されたら責任取れないですからね・・・

 

 

 え?じゃあ解決策はないの?

いえいえ、

解決策はあります!

 

それは、

実はこの茶洛さんは

通信販売をしてるんです。

 

なので、こちらがおすすめです。

ただ、別途1300円が必要になってくるんですけどね。

 

それってお土産って言うの?

って思われるかもしれませんが、

 

「この間、京都に行った時に食べた『わらび餅』が美味しかったから、

通販でまた買っちゃった(笑)届いたらお裾分けに行くね。」

 

こういうお土産の渡し方でも良いと思います。

嫌な気分になる人はほとんどいないと思います。

 

 

「本物のわらび餅」を食べる機会ってそうそう無いと思います。

 

その機会を仲の良い人や、お世話になってる人に提供するなんて

「なんて良い人なんだ私は(笑)」って感じで、どんどんやっちゃいましょう!。

僕は、家族にお土産として買って帰りました。

・・・恩を着せる為に笑

 

↑は冗談ですが、前から家族の中でも話題になってたので、

この機会に買って帰ったら喜ぶかなと。

(ちなみに父親は僕と同じミスをしたらしいです。笑)

 

 

まとめ

 

・京都で有名なわらび餅屋さんは茶洛

・人気なので、売り切れ次第閉店する

・開店は11時

・わらび餅の味は3種類(抹茶・ニッキ・ショウガ)

・お土産にはあまり向いてないかも

・通信販売をしてるのでお土産としてカバーできる

 

 

京都に来る際には楽しんでみて下さいね。

 

ということで、今回はこの辺で。

 

ではではー!

関連記事

  1. じゃがバター
  2. Eggs_food_groups_kitchen_animation_murder_pan_satire_drawings_emoticons_kill_fun_fried_eggs_2560x1600
  3. おはぎ
  4. 和菓子 低カロリー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。