インフルエンザb型は潜伏期間にうつる?知らないと怖い話

 

インフルエンザのはやる時期が来ますね。

僕らみたいな健康体な人間がなるくらいなら、

1週間くらい耐えれば問題ないですが、

 

子どもやお年寄りにうつってしまっては、

大問題になりかねませんよね。

(老人ホームで集団感染とかで、かなり亡くなってますからね。)

 

そこで気になるインフルエンザの潜伏期間について

調べたので、シェアしたいと思います。

 

目次
1.潜伏期間の長さは?
2.感染力は強いのか?
3.人にうつすと傷害罪???
4.まとめ

スポンサードリンク

 

 1. 潜伏期間の長さは?

 

インフルエンザに感染してから発症するまでの期間を

潜伏期間と言いますが、

 

その期間は1日〜3日と言われてます。

 

ただ、個人によって期間は異なります。

(当たり前ですが・・・)

 

長い人だと1週間くらい症状が出ないとか、

発症してもたいしてしんどくないとかもあるんです。

 

その人の体温とか

現在の体調とかも関係してくるので

1日から3日という期間になってきます。

 

ちなみに、僕はノロウイルスにかかったんですが、

潜伏期間は4日くらいでした。

(俺は今バリバリ健康体だから大丈夫!と思って感染してる家族に近づいていたら

うつっちゃいました。笑)

 

 

感染力は強いのか?

 

その潜伏期間に人から自分に

自分から人に映る可能性はあるのかって事ですが、

 

結論から言うと、うつる可能性はあります

 

感染力は強いですが、

上でも書いたように、

感染はしても、その人の体調などによって

症状に出る可能性はバラバラです。

 

なので、

 

じぶんが感染してるなら、人には近づかない。

他のひとが感染してるなら、その人には近づかない。

 

ってことが大事です。

 

「人に会わないとか無理っ。」

って人が多いと思いますので、

 

そういう方は、

手洗いうがいは必須です。

他には自分が感染・発症してるならマスク着用とか、

半身浴で体をじわじわ温めるとか・・・

 

とりあえず、気を抜かないってことです。

 

 

そこで、

もし、人にうつしてしまった時に

恐らくほとんどの人が知らないであろう

うつしてからでは取り返しのつかない話」もあるんです。

 

人にうつすと傷害罪???

 

風邪とかインフルエンザは空気感染だし、

直接手を出したとかではないのですが、

 

実はインフルエンザや風邪を人にうつすと

傷害罪になる可能性があるんです。

警察官

 

傷害罪って人を殴るとか

そういうのだけと思われるかもしれませんが、

実はカタチの無いものでも傷害罪が成り立つんです。

 

 

可能性があるって言ったのは

・人にうつるってわかっていてあえて人のいる場所に行く

・うつしてやろういう意思がある場合です。

 

例えば

受験日が近いのにインフルエンザになってしまった。

このまま学校に行ったら他の友達にうつしてしまって迷惑かかるだろうなぁ。

ま、でもいっか。ライバル減らしてやろう!

 

ってのが傷害罪に当たります。

 

でもまぁ、この人からうつされたってのは実証しにくいので

ほとんどの人が裁判とかは起こさないんですが・・・。

 

でも、このまま行ったら傷害罪なんだ!

っていう意識を持つ事で、

無責任な行動を取らなくなるので知っておいて損は無いと思います。

 

まとめ

 

・感染期間は1日〜3日

・感染力は強い

・発症するかはその人次第(体調や体温の関係で)

・自分が発症してるなら家から出ない

・他の人が発症してるなら近づかない

・どうしても会わなきゃいけないなら細心の注意を!

・インフルエンザをうつすと傷害罪になる可能性がある

 

ということで、

周りにインフルエンザに感染してる人がいなくても

健康に気を使うようにしましょうね。

 

特に小さいお子さんやお年寄りが近くにいる方は

より気をつけましょう。

 

では今日はこの辺で。

ありがとうございました。

関連記事

  1. 減量失敗
  2. boy_books_situation_photoshop_photography_tech_camera_men_males_mood_emotion_cg_digital_books_library_frustration_humor_funny_1920x1200
  3. 軽いぎっくり腰
  4. 多汗症 顔

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。