ぎっくり腰の軽い症状の期間中に絶対やっちゃダメな3つの行動

 

気温が低くなる時期はどうしても腰が疼(うず)きます。

 

これには理由があるんですが、

 

まず、夏は気温が高いので、体温が下げる為に体は働きます。

逆に冬は体温を上げる為に体を働かせます。

 

どういう事かと言うと、

ここでは、冬の体について説明しますが、

 

体温をあげる為に体を働かせるとは、

ブルブルっ」と震えるってことです。

(体験した事ありますよね。)

 

こうする事で、筋肉が動いて体温調節してるんです。

 

これは体温を下げない為に重要な事なんですが、

実はマイナス面も存在するんです。

 

 

それは、「筋肉が疲れちゃう」って事です。

なので、冬場は筋肉疲労が半端ない時に、

腰にちょっと負担をかけるだけでぎっくり腰になったりするわけです。

 

で、今回は軽いぎっくり腰でも悪化してしまう3つの行動を紹介していきます。

 

いちいち読んでられるか!って方は

下の「まとめ」だけでも読んでいただけたらと思います

 

目次
1.悪魔は朝からやってくる
2.ロダンの「考える人」のポーズは絶対ダメ!!!!!
3.ビックリしてもビックリするな!
4.まとめ

スポンサードリンク

 

 悪魔は朝からやってくる

 

朝目が覚めてはじめにすることはなんですか?

 

普通の人なら、

顔を洗う、歯を磨く、水を飲む、シャワーを浴びる等

ですが、

僕ら腰痛持ちの人間が最初にすることは

その基本的な生活の前にあるんです。

 

なにか?というと、

ベッドから起きる事です。

 

は?

と、思うかもしれませんが、ここで気を抜く人間が

慢性的な腰痛の持ち主になっていくんです。

 

絶対ダメな行動その1:いつもと同じように起きる事

「あぁもう朝か、、起きよう(ムクっ)」

 

はい、ダメ!

 

 

僕らは一日のはじめが死ぬほど大事です。

なので

「あぁもう朝か(ここまで一緒)、

お腰さまの気に触れぬ様、細心の注意を払うぞ(ムクっ)」

 

気持ちの入れ方だけ?

って思われますが違います。

具体的に説明していきますね。

 

起きるときの手順

起きるときは、

 

1:まずよく向きになって、体を丸めます。

 

2:両手を使ってお姉さん座りみたいなカタチに持っていきます。

(「お姉さん座り」で画像検索したらロクな画像がなかったので、やめます。

気になる人は検索してみて笑)

 

3:ベッドに座って深呼吸。(布団で寝てる方は正座で深呼吸。)

 

4:それから体を起こします。

 

この儀式が終わってからが日常生活のスタートです。

 

朝の、体がまだ起きてない状態の時こそ注意しましょう!

 

 

ロダンの「考える人」のポーズは絶対ダメ!!!!!

 

考える人

 

これ↑

」を5つもつけるほどやっちゃいけない事です。

 

絶対ダメな行動その2:浅く座り、やや前屈み

実はただ立ってるより、

座ってる方が腰への負担って大きいんです。

 

「考える人」はその点から見ても、論外です。笑

どのくらいの期間考えているのかわからないけど、

この姿勢から、よし立ち上がろう!

と思ってバッと立つと・・・「ビキッーーー!」です。

 

さらに負担が大きいのは

この体勢で重いものをモノを持ち上げる事です。

 

 

なので、イスにすわっての作業が避けられないのであれば、

深く座って、姿勢を正す。

ってのが大事です。(超基本ですが・・・)

 

 

ビックリしてもびっくりするな!

 

個人的な話なんですが、

僕カミナリがものすごく怖いんですね。笑

 

で、かみなりって「ピカっ」と「ドカーン」

の間が1秒もない時ありますよね。

 

そういう時、腰痛持ちのビビリな性格の人間は

「ビクっ!」ってなってしまいます。

これが非常に危険なんです。

 

絶対ダメな行動その3:突発的な行動をとらない

こういう行動をとると、

ぎっくり腰の軽い症状でも一気に悪化します。

 

今までは、まぁ多少痛いけど耐えられない事はないかな。

って思っていても、

ある時、

「あぁ!!!んぅ〜」

という出した事のない声が出ます。笑(経験談ですw)

 

他には、

 

「くしゃみ」も禁物です。

 

そんなこと無理だろ。と思われたかもしれませんが、

 

ダメです・・・。必死に耐えて下さい!笑

 

まぁ、こういうのは生理現象なのでなかなか避けられませんが、

急な出来事に心を備えておくって事は大事です。

 

「今なら、何が起こってもビックリしない!」

っていう気持ちで過ごしましょう。

 

 

まとめ

ダメな行動

・朝いきなり「ムクっ」っと起きる

・「考える人」にならない

・くしゃみをする

 

対処法

・朝起きる時は、横になってからのお姉さん座り

・イスには深く座り、姿勢を正す

・突発的な出来事に備えた気持ち

 

これだけでも悪化する事は無くなるとは言えませんが、

確実に可能性は低くなります。

 

是非試してみて下さいね。

 

では今日はこの辺で。

またー

 

 

関連記事

  1. 頭痛 男性
  2. 肝硬変 腹水 余命
  3. コレステロール 健康 被害
  4. 目 痛い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。