エイプリルフールのネタで友達を失うたったひとつのタブー

 

エイプリルフールってウソをついてもいい、

という風習がありますよね、

 

でも、限度があるだろ!ってことをやっちゃうと

友達を失います。

 

で、今回はタブーについて話し手いこうと思います。

 

目次
1.(マジな顔して)サイテーと言わせてしまう
2.2種類の人間によるウソの限度
3.まとめ

スポンサードリンク

 (マジな顔して)サイテーと言わせてしまう

 

噓も方便という言葉もあるくらいなので、

多少のウソならいいのかな?

と、思いますが、

 

エイプリルフールだからといって、

親を殺しちゃったよ〜笑

みたいなメールを送ってくる友達いたら人格疑いますよね。

 

なので、1つ目のタブーは

 

人格を疑われるウソをつく事です。

 

どんなに笑えるウソでも、

これに触れる様なものはダメです。

 

これはわかってるようで、

やっちゃう人がいるんですよね。笑

 

例えば、これは夫婦のパターンですが、

 

「妊娠したよ〜」って旦那さんに言ってる人とか。

旦那さんからしたら、自分がどんだけ楽しみにしてるのか

知ってるのに、なんでそんな嘘がつけるのか?

どういう神経してるの?

 

って人格を疑いますよね。

 

友達の場合だと、

あの人(自分の好きなひと)、あの子と付き合ったらしいよ。

 

これに関しては

「それくらい良いじゃん。ジョーダン通じないなぁ。笑」

って思うかもしれませんが、

 

自分がされたらどうですか?

めちゃくちゃ腹立ちません?

 

自分がされて嫌な事っていうのはやめましょう。

 

 

2種類の人間によるウソの限度

 

えっと、人間って

人によってリスクを取りたい人と

そうでない人に分かれるんですよね。

 

 

外向的な人ってのは、

だれとでも仲良くできるし、話す事が好きな人です。

こういうタイプってのは、大胆で熱狂しやすいんですね。

 

「まぁいいや、やっちゃえ!」

で、相手が怒ると

「ジョーダンじゃん!笑って許せ、友よ。」

って感じ。

 

そこまではいかないかもしれないけど、

話す事が好きで、気付けば自分ばっかり喋ってる

という時がある人はそういう気があるので、注意した方がいいです。

 

一瞬「これは大丈夫かな?」と、考えましょう。

 

 

逆に内向的な人ってのは、

どちらかと言うと、臆病で心配性なんですね。

 

これでいいんだろうか?

これやったら怒っちゃうかな?

 

このタイプはあまり人を傷つける様なウソはつかないし、

というか、ウソ自体をつかないって人が多いです。

(そんなくだらない事に時間を使いたくない!って感じ。

ちなみに僕はこっちのタイプです。笑)

 

 

まとめ

 

・どんなウソでも人格を疑われるものはタブーです。

 

「どういう神経してんだ?」って思われたら

確実に友達失います。

 

・自分が外交的か内向的かを認識した方が良い。

 

外交的と内向的

どちらのタイプが良いってのはありません。

どちらにもメリット・デメリットがあるので・・・

(それに関してはまた別の記事で書きますが、)

 

嘘をつく相手は選んだ方がいいです。

 

個人的には嘘をつくなら外交的な人にだけ

にした方が良いと思います。

 

こちら(外交的)の方が、

賭けとか、刺激とか、熱狂できることが好きなので、

エイプリルフールとかで盛り上がるのは

外交的タイプが(たぶん)多いはずです。

 

 

ということで、今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

ではまたー。

 

関連記事

  1. 焚き火
  2. ホワイトデーロクシタン
  3. 母の日 カーネーション
  4. Eggs_food_groups_kitchen_animation_murder_pan_satire_drawings_emoticons_kill_fun_fried_eggs_2560x1600

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。