扇風機から赤ちゃんの安全を1万円以内で守るには?!

 

 

・扇風機に赤ちゃんが手を突っ込んだら、指が取れる?!骨が折れる?!

・直接風をあてると、風邪を引く?!

 

 

そんなことにならないよう、

赤ちゃんの安全を守る為に きちんとした知識や対策をしましょう

 

目次
1.意外に役に立たない2つの対策
2.ダイソンは高い!安くて良いモノないの?!
3.直接風を当てると風を引く理由が恐ろしい!
4.まとめ

 

意外に役に立たない2つの対策

kiz01m

子どもは好奇心旺盛で、

良いのか悪いのか、何にでも興味を持ちますよね。笑

 

その度に大人はヒヤヒヤさせられて(笑)、

子どもから目が離せません。

 

扇風機のスイッチやコードを触る分にはまだいいですが、

まわってるプロペラに興味を持つと下手すれば、

指が飛びます。

飛ばなくても、子どもの指なら、確実に折れますよね。

 

で、親が行うのがだいたい下の2つの対策なんですが、

いまいち役に立たないんですよね。笑

 

1つ目:ネットをつける

これはほとんどの人が行ってると思いますが、

あまり役に立ちません。

 

何故なら、

昨日できなかったことが、今日できる

ってのが子どもだからです。

 

ネットを指で押し込んだり、

ネットを外したりするので、

扇風機にネットをしたところで、

 

結局、目を離すことができません。

 

2つ目:ゲージで囲む

これもよくある対策ですが、

 

子どもからすれば、

いかにしてこれを乗り越えるか?ってのを考えます。

 

それに、

子どもって親が困ってるのを見て喜びます。

 

だから、羽のついた扇風機を置くことは

赤ちゃんや子どもにとっては危険です。

 

なので羽のない扇風機がオススメです。

 

・・・ですが

めちゃくちゃ高い!

 

 

家賃、食費、旦那の小遣い・・・

いろいろ差し引かれて、

1ヶ月で自由に使えるお金って

普通の家庭なら10万円前後くらいだと思うんですが、

 

某有名メーカーの扇風機なんか買ったら全然残らない・・・涙

もっと安いのはないのか???

 

と、気になりますよね。笑

 

 

ダイソンは高い!安くて良いモノないの?!

 

nayami14m

実はめちゃくちゃあります。

 

Amazonとかで、

「扇風機 羽無し」

で検索すると結構でてきます。

 

ダイソンの「エアマルチプライヤー」は

高いものだと5万円近くするものもあって

 

とてもじゃないけど、手が出せません。

 

赤ちゃんの為を思って購入するってのもアリですが、

これから子どもかける費用は莫大にかかってきますので、

できるだけ抑えたいですよね。

 

1万円以内の商品もたくさんありますので、

一度検索してみて下さい。

 

 

直接風を当てると風を引く理由が恐ろしい!

kiz17m

もし、羽のついた扇風機を使っていて、

赤ちゃんに直接風を当てているのなら、やめた方がいいです。

 

首振りなら多少はマシなんじゃないか?

って思われるかもしれませんが、

あんまり変わらないです。

 

何故良くないのかというと、

風邪を引くからです。

 

 

赤ちゃんって新陳代謝が抜群に良いので

寝てるだけでよく汗をかきます。

 

で、汗を書いているところに涼しい風を当てると、

急激に冷えます

 

結果的に風邪を引きます。

 

赤ちゃんが風邪を引くと、

何をどうしてほしいのか?

どうしんどいのか?がわかりません。

 

鼻づまりはするし、

咳き込んでしんどそうだし、見てるだけで可哀想です。

 

エアコン不可の部屋だったり、

エアコンよりは扇風機の方がいいんじゃないか、

 

と、思われて扇風機を使われるなら、

直接当てずに、部屋全体に風を送るように心がけて下さい。

 

 

まとめ

 

・メッシュカバーやゲージでの対策はあまり役に立たない

・オススメは羽のない扇風機

・ダイソンは高い!笑

・1万円以内で購入できるものはたくさんある

・直接風を当てると確実に風を引く

・部屋全体の空気を循環させる

 

 

子どもの成長は早いので、

「もうそんなことできるの???」と、思うようなことが多いです。

 

なので、目を離すことができないと思いますが、

 

ちょっと目を離してしまっても、

危険な目に会わないように、環境を整えてあげましょう。

 

ということで、今回はこの辺で。

 

ではでは。

 

関連記事

  1. 多汗症 顔
  2. インフルエンザ
  3. 頭痛 男性
  4. 口内炎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。