軽いぎっくり腰は何日くらいでおさまるのか?!

今回は軽いぎっくり腰についてお話していこうと思います。

 

僕、ぎっくり腰は2回ほど経験してるので(何の自慢にもなりませんが)

語れる事は沢山あります。笑

 

 

軽いぎっくり腰ですが、

結論から言うと、いっときは治まりますが・・・

 

放っておくと酷い目にあいますよ!

(油断すると雷ドーン!って感じです)

 

 

僕も靴下を学校から帰ってきて靴下を

立ったまま脱ごうとした時、

 

ピキッ!って感じで、

痛みがきたんですね。

(なった人なら分かりますよね?)

 

 

で、こんな軽いぎっくり腰なら、

普段の生活なら、まぁ問題なく(たまに激痛がきますが)

過ごせます。

 

僕の場合はこんな状態のぎっくり腰を2ヶ月放置してました。

でも、日に日に激痛がくるスパンが短くなってくるんですよね。

 

で、結局病院に行く事にしました。

 

病院の先生に「よく我慢してたね?

って言われるくらい酷くなってたみたいです笑

 

このときは一発で治ったんですが

(京都の方は長谷川療術院に行ってみて下さい!)

 

 

でも、

特に冬は本当に気をつけないと、

ちょっと気を抜くとやられます。

(気を抜いて酷い目にあった人間が言うんだから間違いないです。笑)

 

 

1月の寒い時に、

重いもの(20キロくらい)を持とうとすると

 

ビキっー!!!って雷が落ちたみたいに(これマジです。)

なって、0.5秒ほど意識が飛び(これもマジです。)

その場から10分くらい立てなくなりました。

(この時、これをぎっくり腰と言うんだ!!!

とはじめて知りました。)

 

最初に放置しておかなければ・・・

すぐに病院に行ってたら・・・

そんな事を今更考えたって遅いんですよね。

 

自分の言動には責任を持たないといけない。

今の自分と向き合うしかない。

ここからスタートするしかない。

って事ですよね。

 

 

 

まぁ腰痛とは

それから2年くらい経った今でも仲良く一緒に生活してます。笑

(慢性的な腰痛になっちゃいました。)

 

 

 

なので、ぎっくり腰は治まるのを待つよりも、

治めにいく方が痛みも少なく済みますし、

慢性化にもなりにくいですし、

いつ治るんだ?っていうイライラもなくなるので

いくら軽いものだとしても、病院に行く事をお勧めします。

 

関連記事

  1. 溶連菌 大人 薬
  2. 多汗症 顔
  3. kiz17m
  4. 減量失敗

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。