腰痛のコルセットを寝るときも着けると元も子もない結果になる?!

 

 

我が家にコルセットが届きました。

 

いままでコルセットなんてしたことなかったし、

効果あるのかわからないけど、

 

物は試しだ!ということで

思い切って6000円もするコルセットを買ってしまいました。笑

(高いですよね?普通なの?笑)

 

腰痛 コルセット

 

 

でも、

コルセットっていつ着けるものなんだ???笑

 

体を動かすときはもちろん着けますが、

寝るときや体を動かさないとき

 

着けた方がいいのか、

着けない方がいいのか

 

 

ちゃんとした知識がないと

悪化しかねないので、

今回はコルセットの使い方マスター講座

って感じでお話していこうと思います。

 

目次
1.経験者だけが知ってるコルセットの役割とデメリット
2.ナチュラルコルセットを身にまとえ!
3.「コルセット中毒」になったら最後
4.まとめ

 

経験者だけが知ってるコルセットの役割とデメリット

男 寝る 腰痛

 

 

 

コルセットの役割って腰を固定して

多少動いても痛くならないようにすることですよね。

 

つまり、コルセットは

腰まわりの筋肉の代わりをしてくれているんです。

 

・・・と、考えると、

コルセットばかり使ってると、

筋肉が衰えてきます

(筋肉使わずにコルセットに頼ってますからね。)

 

 

腰が痛いからコルセット巻いてるのに、

コルセットのせいで余計に腰が痛くなる

 

元も子もないじゃん!笑

 

じゃあ、どうすりゃいいの?ってことについて

話していきますね。

 

ナチュラルコルセットを身にまとえ!

ナチュラルコルセット

 

ナチュラルコルセットとはなんぞや?

ってことですが、

 

このフレーズはネットからパクってきました。笑

(「この表現かっちょいい・・・」と思い、つい。笑)

 

 

ようはインナーマッスルのことです。

 

コルセットは腰回りの筋肉の代わりと言いましたが、

その腰回りの筋肉がしっかりしていれば、

コルセットなんか着けずとも、

問題なく生活できます。(症状が酷い場合は別ですが)

 

 

なので、ストレッチや腹筋・背筋をしっかり行う事で

このナチュラルコルセットを身にまとう事ができます。

 

でも、僕の場合は続きません。

 

整形外科に行って、ストレッチのやり方を教わっても

最初の一日ちょろっとやっただけです。笑

 

そこで僕が普段意識してるのは、

普段の生活でお腹に力を入れるという事です。

 

一日中ずっと入れてるわけではないですが、

気が向いた時にグゥ〜っと入れます。

 

効果があるかないかは正直わかりません。笑

(何じゃそりゃ、笑)

 

でも、

筋トレやストレッチが続かない人なら

やらないよりはやった方がいいと思います。

(なんの根拠もないですが・・・)

 

なので、

ほんとに痛いときだけコルセットに頼って、

それ以外はインナーマッスルを鍛える事を意識しましょう!

 

 

「コルセット中毒」になったら最後

落ち込む 男性

 

 

「コルセットなしじゃ生きられない。」

 

・・・なんてことになったら、

今までの話の流れからいくと、

最悪ですよね。

 

やみつきになって、やめようにもやめられない・・・

ドラッグみたいなものです。

(やった事ないですが・・・)

 

ようは、コルセットに頼っちゃダメってことです。

 

ただ、肉体労働やスポーツ、立ち座りをくり返す人

なんかは着用しないと耐えられないですから、

(ビキぃ!!!ってなる感覚が恐怖ですよね。笑)

 

必要なときだけ着けるということを心がけましょう。

寝るときは外しましょうね。

 

 

まとめ

 

・コルセットはあくまでも腰回りの筋肉の補助
・常に着用してると筋肉が衰える
・元も子もない結果になる
・寝るときは外す(というか必要なときしか着けない)
・ナチュラルコルセットを身にまとう
・絶対に中毒者にはならない

 

今日、コルセットが届いて、

使い心地どうなのかな?

とかいろいろ楽しみにしてたんですが(笑)・・・

 

まぁ、そのまま何も知らずに使っていたら

とんでもない事になっていたということなので、

 

コルセットの怖さを知る事ができて良かったです。

(それにしても思ってたより値段が高い!)

 

 

 

・・・という事で、今回はこの辺で。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

関連記事

  1. インフルエンザ
  2. 目 痛い
  3. 減量失敗
  4. 肝硬変 腹水 余命

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。