腕時計のベルトの調整は店でやってもらうとお金を取られる?!

 

腕時計は

ピッタリ派ですか?、指一本くらい空ける派ですか?

 

 

腕時計のベルトって、

指一本くらい隙間をあけるのが理想と、言われてますが、

ベルトが傷みにくい、という理由なんです。

 

下にずれ落ちるのがイヤだから、隙間をあけたくない

腕にピッタリだと、蒸れる

人それぞれ好みはあるとは思います。

 

そこで今回は、

腕時計のベルトの調節について話していきたいと思います。

 

もくじ
1.買った店じゃないと直してもらえない?!
2.いくら位払わないといけないの?!
3.その場ですぐやってもらえるの?!
4.まとめ

スポンサードリンク

 

買った店じゃないと直してもらえない?!

時計 ベルト 調整 店

 

買った店では、当然やってもらえますよね。笑

 

それ以外の場合、

例えばネットで買った場合だと

 

「ネット通販で買ったのでサイズが全然合ってない・・・

時計屋さんや量販店に、持込みで直してもらう事は可能なのか?

 

と、気になるかと思います。

 

結論としては、直してもらえます

 

なんか申し訳ないなぁ・・・と、思うかもしれませんが、

全然問題ないです。

 

もし、イヤな顔をされたなら、

「もう、直してくれるまで帰りませんよ!」的なオーラを出して

居座りましょう。笑

 

まぁ、そんな事しなくても直してくれます。

 

 

しかし!

 

短いベルトを長く調節してもらう場合は気をつけてください。

 

時計屋さんや量販店に調節用のベルトの在庫がない

ってことがありますので

せっかく持ち込んでも直してもらえません。

 

なので、

買った時に付いている予備のベルトは捨てないでくださいね

 

 

で、気になるのがいくら値段がかかるのか?

ですよね。

 

スポンサードリンク

 

 いくら位払わないといけないの?!

 

外国紙幣

 

おそらく、この問題が一番気になってんじゃないですかね。笑

僕もお金の部分が一番気になります。

 

 

買った店に持っていって直してもらう場合

ホトンの場合タダ(無料)でやってくれます。

 

で、気になるのが

違う店に持ち込んだ場合ですよね。

 

この場合は正直、

店によるとしか言いようがありません。(苦笑)

 

店主が気前の良い人ならタダでやってくれますし、

そうでないなら、工賃(作業の手間賃)としていくらかは取られます。

(取られます。って言い方は語弊がありますね。笑)

 

じゃあ、いくら払わないといけないのか?

 

相場は500円〜1000円です。

 

腕時計のベルトの調整なんて、そんなもんです。

 

僕ら素人が自分でやろうと思えば、

なかなか手こずりますが、

プロに任せればお茶の子さいさいです。笑

 

 

時計の代金が500円上がっただけ、って考えれば

明日食べるご飯がない・・・レベルの生活をしてない限り、

何の問題もないですよね。

 

それに、

「無料でやってもらえる」なんて考えを持たなければ良いだけの話です。

 

 

そして、もう1つ気になる事があります。

その場でやってもらえるのか?ってことです。

 

 

その場ですぐやってもらえるの?!

ブルガリ 時計

 

上でも言いましたが、

腕時計のベルトの調節なんてプロからすれば、楽勝なんです。

 

なので、その場でやってくれます

 

でも、忘れちゃいけないのが、

予備のベルトの部品です。

 

僕も自分の腕時計を自分自身で調節して事がありますが、

舌打ち連発した程度の難易度です。笑

 

時計屋さんはめちゃくちゃ目が大きくなるくらいのメガネをつけてるので

(あの最強ツールがあれば的なしですよね。笑)

舌打ちなんか一発もせずにやってしまいます。

 

 

まとめ

 

・腕時計のベルトの調節は違う店でもやってもらう事ができる
・買った店ならタダ(無料)でしてくれる
・違う店でも払っても1000円程度
・その場でやってくれるので、入院させずに済む

 

いかがだったでしょうか。

払っても1000円程度なら、

自分でやることを考えたら、イライラもしないし、時間も短縮できるし

良い事だらけですよね。

 

なので、時計の調節はプロに任せましょう。

 

ということで、今回はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連記事:腕時計の傷の修理はいったいどこに頼めばいいのか?!

 

 

 

関連記事

  1. 犬 サングラス
  2. 大学生の仕送り
  3. 端午の節句 兜
  4. 腕時計 男性 手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。